認定試験や単位認定に関するお問い合わせ頻度の高い質問と、それに対する回答を掲載いたします。お問い合わせいただく前に一度ご確認ください。

過去の試験問題をいただけますか?→各年度の専門基礎領域について、当該年度の機関誌に掲載しております。機関誌購入申し込みのページでご確認ください。在庫切れの場合にはお取扱いできません。


領収書はいただけますか?→認定試験受験申込の方には受験手数料の領収書を、セミナーのみ受講する方にはセミナー受講料の領収書を発行して当日お渡ししております。ただし、受験の方にセミナー相当分のみの金額を区別して領収書を発行するようなことはできません。区分した料金設定はおこなっておりませんのでご承知おきください。


学生会員の期間は在籍歴に含まれますか?→学生会員の期間を含むことはできません。


●●○○年○月○日に学会に入会したのですが、受験資格はありますか?→受験申請の時点で満5年を経過していなければなりません。入会年月日に単純に5年を足した年月日が、申請しようとする日より後の場合は申請できません。


学会等の会員歴が5年にわずかに足りません。受験できますか?→会員在籍歴5年が、受験に必要な資格です。5年に満たない場合には受験することはできません。ただしこの場合でも、教育セミナー受講は可能ですので、次回の受験に向けて研鑽のために受講していただければ幸いです。


申請する単位数はいつからいつまでの期間ですか?→申請時点から遡って5年とお考え下さい。通常6月が申請期間ですので、5年前の6月以降分となります。


申請時点では単位数が足りませんが、受験までには加算可能です。見込みで受験できますか?→申請時点で受験に必要な要件を満たすことが必要です。見込みでは受験することはできません。ただしこの場合でも、教育セミナー受講は可能ですので、次回の受験に向けて研鑽のために受講していただければ幸いです。


「開催回数にかかわらず年度による単位」とはどういうことですか?→年度あたり3回開催される研究会とした場合、1回しか出席しない場合でも、3回すべてに出席した場合でも、その研究会等出席については、1年度あたり単位認定表に記載の単位として審査します。


認定単位表にある研究会等は、いつの時点から有効なのでしょうか?→単位認定が承認された以降に開催されたものが有効となります。認定単位表内の記述でご確認ください。


放射線治療への従事期間の証明は技師長でしょうか、病院長でしょうか?→必ず施設長(病院長)の署名と公印の押印が必要です。所属長(技師長、部長等)および私印によるものは受理できませんのでご注意ください。


放射線治療への従事期間が複数施設にまたがる場合はどうなりますか?→様式2に記載する内容を証明するためには、各施設からの証明が必要です。


日本放射線技術学会総会学術大会への参加は何カウントですか→総会学術大会への参加のみでは認定単位対象外です。治療分科会への参加が必要です。


日本放射線技術学会学術大会で発表したカウントはどうなりますか。→筆頭演者は2単位になります。認定単位表で確認してください。


放射線治療分科会(部会)出席はカウントされますか。→3単位になります。認定単位表で確認してください。


放射線治療品質管理士講習会がカウント表に見あたりません→表にないものは認定単位対象外です。ただし、個別に認定されたセミナー等があります。開催時にカウント数を含めて主催者よりアナウンスされています。


出席証明書等が手元にないのですが。→出席証明書(修了証等)が必要です。日本診療放射線技師会開催分で、出席証明書の発行が行われていないものについては、会員用システム内のカウント状況の確認画面を印刷したもので結構です。


出席証明書はコピーでよいですか。→コピーで結構です。ただし審査の過程で、原本の追加提出をお願いする場合があります。あらかじめご了承ください。


日本診療放射線技師会地域学術大会とは何を指しますか。→九州地域、南関東地域など都道府県単位ではなく地域で開催される学術大会です。日本診療放射線技師会の地域単位組織と日本放射線技術学会支部が合同で開催する学術集会も同様に扱います。都道府県放射線技師会が開催する学術大会は、個別に単位認定しているものを除いて対象外です。


日本放射線技術学会支部学術大会とは何を指しますか。→九州、関東など、地域で開催される学術大会です。日本診療放射線技師会の地域単位組織と日本放射線技術学会支部が合同で開催する学術集会も同様に扱います。


関西での"かたろう会"など、研究会では半日だったり1泊だったりしますが単位の扱いはどうなりますか。→年間あたりの単位になります。年度内に複数回出席しても一律の単位として扱います。



COPYRIGHT (C) 2009-2021 The Japan Professional Accreditation Board for Radiotherapy Technologists. All Rights Reserved.